September 15, 2014

美しく痩せたい人のための、漢方の摂取方法とは?

痩せる方法は、たくさんありますが、もっとも美しく(スタイル良く)痩せるためには、もうすでに、ヨガや、ピラティスなど、体幹を鍛えるような運動を始めている方も、多いのではないでしょうか?

『痩せる』ということを焦点に当てたときに、同時に『代謝を高める』ことが、重要になります。

なぜなら、同じ運動量でも、『代謝』が良いかどうかによって、減量の成果に、おおきな変化が現れるのです。

特に、昨今、科学の力で、「腸内フローラ」という大腸菌の活動や、働きが、『痩せやすさ』、『太りやすさ』にも、関係を及ぼしていることが分かってきています。

つまり、「痩せやすいかどうかは、腸内の細菌の種類が、影響を及ぼす!」ってことなんですね。

どおりで、痩せ体質の人は、子供の頃から痩せているし、「だいたい母親も、娘も同じ体型を、辿るよな」って思ってたのですが、「腸内フローラ」の影響だと、考えることもできそうです。

「体質って変わんないよね!」って、思っている人も多いと思いますが、今後、科学の力で、体質自体に提供を及ぼしている、体内物質として、「腸内フローラ」は、かなり、注目を浴びる(現在も、NHKなどで取り上げられて、注目されている)事だと思います。



かなり脱線しましたが、『美しく痩せたい人のための漢方の摂取方法』について。

多くの漢方薬で、『食間に服用してください』という指示が書かれていることがあると思います。

これは、間違えていることが多いのですが、(かくいう私も)

食事をしながら、飲むっていうことじゃないんです。

正しくは、『食事と食事の間に飲む』のが正解!
( 【食後2時間後】に飲むことが効果的です )

『食間』という場合、このタイミングというのは、東洋医学の伝統で、もっとも効果的な、服用の方法として、『食間』と指示されているため、これは、漢方で美しく痩せたい場合にも、守って服用すべきです。


また、注意点として、漢方の薬の中には、『激しい運動を控えるように』という条件が書かれている場合もあるので、現在の健康状態なども考慮した上で、服用すべきです。

⇒漢方と、病気の完治の関係 (防風通聖散は痩せるのか?2)